ミヤタサイクルトップ > ミヤタトップ > ミヤタサイクルの歴史

ミヤタサイクルの歴史:FUNCTION

これまでもこれからも、“いい自転車” を作り続けます。

栄光に彩られた、ミヤタサイクルの歴史

ミヤタサイクルは、自転車を作り続けて130年。
日本初の安全型自転車を製造したメーカーとして、数々の歴史を作ってきました。
特に、スポーツ自転車の分野においては、数々の輝かしい栄光に彩られています。

1976 年、日本におけるスポーツ自転車の黎明期であったこの年に、
ミヤタサイクルは西ドイツ(当時)・ケルンで開催されたサイクルショーへ、
高級スポーツ自転車を出品。
日本の完成車メーカーとして初めて参入を果たしたのです。
1979年には、ヨーロッパのサイクルプロチーム「アイスボルケ・コガミヤタ」に、
日本の自転車メーカーとして初めてレーシングバイクを供給。
1981年には、自転車レースの最高峰である「ツール・ド・フランス」において、
ピーター・ビネン選手が超級山岳のラルプ・デュエズを登る
第17ステージを制してステージ優勝を飾り、その後も全行程を完走し、
総合5 位入賞と栄光のマイヨ・ブラン(新人賞)を獲得する快挙を達成しました。

その後もミヤタサイクルの快進撃は止まらず、
1986年には「USトライアスロン・シリーズ」で、
スコット・モリーナ選手がミヤタトライアスロンレーサーに乗り
チャンピオンシップを獲得。
1990 年には自転車世界選手権MTB ダウンヒル部門で
グレッグ・ヘルボルト選手が優勝すると、
1994 年自転車世界選手権個人ロード女子部門では、
ミヤタのロードレーサーを駆るモニカ・バルビック選手が優勝するなど、
その高い戦闘能力を世界に見せつけてきました。

その活躍を支えたのは、プロレーサー選手の要求する
強度と軽さを実現した「SSTBチューブ」や、最強クラスの強度を持つ
圧入接着工法「APA工法(現在はさらに進化したPFT工法へ継承)」といった、
ミヤタサイクルの高度な技術です。
これらの技術とノウハウは、E-BIKEをはじめ、
ミヤタサイクルの最新製品にもフィードバックされています。

これまでも、そしてこれからも。
日本にはいい自転車がある。

上:西ドイツで開催されたケルン・サイクルショーの大型ブースにて、 コガミヤタ車十数台を展示。中:ベルギーの有力プロロードレース チーム「アイスボルケ・コガミヤタ」。下:欧州を中心に活躍してい た女性ロードレーサー、モニカ・バルビック選手(ノルウェー)と第1 回MTB 世界選手権チャンピオン、グレッグ・ヘルボルト選手(アメ リカ)を紹介する当時の記事。【 1994年弊社カタログより抜粋】